英検3級とTOEICについて

英検が、入学試験や将来の就職などに有利なだけでなく、

英語を理解し話せるようになれば、人生においても、

きっとプラスになる、と考えている人は多いと思います。


また、お子さんの英語教育に早いうちから取り組んでいる人も最近では多くみうけられ、

今では英検3級を受験するときに、小学生の姿を見るのも珍しくありません。

英検だけでなく、似たような英語の試験・資格としてTOEIC(トーイック)というものがあります。

これは、Test of English For International Comunicationの略称で、

世界共通のテストです。

直訳の通り、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価するもので、

いろいろな目的で受験する人がいます。


日本では、例えばビジネスマンなどの社会人はTOEICへの関心が高く、

大学生はTOEICと英検の両方、高校生は英検への関心が、それぞれ高いようです。

TOEICと英検の違いは、関心をもつ人の違いを上から見てもだいたいわかると思いますが、

TOEICは、日常的なコミュニケーション能力と簡単なビジネス業務が行えるかどうかをみます。


それに対して、英検では、TOEICでのビジネスに関する専門的な語彙などを減らしたうえで、

英語特有の言い回しやイディオムなどを含めた、幅広い英語能力をみるものだそうです。

ただし、ここで比べているTOEICと英検の比較は、英検2級以上が対象だと思ってください。


英検3級は、TOEIC試験でも、まだまだ手が出るレベルではないかもしれませんが、

少しずつレベルアップして、皆さんも英検2級合格程度の実力がつく日がきたら、

ぜひ、TOEICにも挑戦してみてくださいね。




英検準3級 勉強法のトップページへ戻る
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|